八ツ場ダム建設現場見学  [ Home ]



八ツ場ダム建設現場見学

2018年2月27日2017年12月9日ダムカード
橋梁関連(八ッ場ダム湖面2号橋(不動大橋)|八ッ場ダム湖面1号橋(八ッ場大橋)|八ッ場ダム湖面3号橋(丸岩大橋)
JR第二吾妻川橋梁|JR第三吾妻川橋梁)
更新日:2018/3/2

八ッ場ダムの諸元

■所在地:群馬県吾妻郡長野原町
■河川名:利根川水系吾妻川(あがつまがわ)
■形式:重力式コンクリ−トダム
■ゲート
 ●クレストラジアルゲート×4門
 ●コンジット高圧ラジアルゲート×3門
 ●ジェットフロートゲート×1門
 ●ホローフローゲートバルブ×1門
■堤高/堤頂長:116.0m/290.8m
■堤堆積:約100万m3
■総貯水容量:1億750万m3
■流域面積:711.4km2
■本体着工:2014年度
※国土交通省の資料を参照しました。

2018年2月17日(土)

掲載日:2018/3/2 ▲ページTopへ
 2018年2月17日、晴れたり曇ったり、時折も降ったこの日、前回訪問から2ヶ月振りの八ッ場ダム建設現場を見学して参りました。ダム本体のコンクリート打設は5割を超えたところです。八ッ場ダム工事事務所・地域振興課に問い合わせると、現場では、天候の状況を判断しながら24時間体制で工事を進めているものの、冬季においては多少進捗が鈍るとのことです。今回は、ダムサイト左岸側のコンクリート製造設備から、ワイヤに吊り下げられて運搬されたコンクリートバケットから、コンクリートが吐き出されるシーンを見ることもできました。
 ダムサイト周辺の山々には雪が残り、時々横殴りの雪も舞う寒々とした風景の中、ダム堤体の天端では、大勢の作業員の皆さんが、いつもと変わらぬ様子で工事を進めていました。プロジェクトXの映像を見る思いでした。(2018/3/2 記)

八ッ場ダム建設現場 見学 2018/2/17(5分31秒)

八ッ場ダム、本体コンクリート打設現場 2018/2/17


八ッ場ダム本体のすぐ上流にできた池。岸壁の滝も氷結。 2018/2/17

八ッ場ダム本体の上流側 2018/2/17

2017年12月9日(土)

掲載日:2017/12/17 ▲ページTopへ
 建設工事が進む「八ッ場ダム」。 2017年12月9日、見学用展望台「やんば見放題」や八ッ場大橋から眺めた建設現場の様子です。ダム本体のコンクリートは58m(堤高116mに対して5割)を打設中。(2017/12/17 記)

八ッ場ダム建設現場 見学 2017/12/9(4分35秒)

ダム本体のコンクリート打設現場。12月9日時点で58m(堤高116mの5割)を打設中。 2017/12/9


コンクリート製造設備(展望台「やんば見放台」から) 2017/12/9


コンクリート製造設備(展望台「やんば見放台」から) 22017/12/9


旧国道145号、吾妻川など(展望台「やんば見放台」から) 2017/12/9


吾妻川に架かる旧道や旧鉄橋(展望台「やんば見放台」から) 2017/12/9


ダムカード

掲載日:2018/3/2 ▲ページTopへ

ダムカード Ver0.4(2018.1)

ダムカード Ver0.3(2017.11)





 2008/7/5〜


▲ページTopへ